公募型共同研究・研究会「NIG-JOINT」

NIG-JOINTとは、遺伝研が募集する公募型共同研究・研究会です

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所(以下、遺伝研)は、遺伝学の基礎とその応用に関する総合的研究を行い、学術研究の発展に資することを目的として設置された大学共同利用機関です。全国の研究者に共同利用の機会を提供するため、研究所の研究教育職員と研究所以外の研究者による「共同研究」及び「研究会」NIG-JOINTと称し実施しています。(「共同研究」の成果を論文に発表する場合は、謝辞の記載をお願いしています。)

1. 「共同研究」

「共同研究」とは、所外の研究者からの申込みに基づき、遺伝研内外の研究者数名により、特定の研究課題について共同して行う研究です。 次の3種類に分けて毎年度募集を行っています。
「共同研究A」:

国内及び国外の研究機関等に所属する研究者が対象。共同研究を実施するための旅費を支給(1件あたりの申請額は20万円を上限とする)。

「共同研究B」:

国内及び国外の研究機関等に所属する研究者が対象。共同研究を実施するための旅費及び研究費(原則として所内で使用する消耗品費)を支給。1件あたりの申請額は、旅費と研究費の合計で100万円を上限とする。所外共同研究者全体の延べ来所日数の合計が年間7日以上となるように計画・実施するものとする。

「国際共同研究」:

国外の研究機関等に所属する研究者が対象。共同研究を実施するための旅費を支給(1件あたりの申請額は共同研究(A)の上限(20万円)を超える申請額で50万円を上限とする)。

2. 「研究会」

「研究会」とは、所内外の研究者からの申込みに基づき、遺伝研内外の比較的少人数で実施する研究集会です。
研究会のページ

2020年度 NIG-JOINT公募案内 ※2019年10月21日 募集開始

【NIG-JOINT申請方法のWebシステムへの移行について】

新たに開発した電子申請システム「共同利用・共同研究高度化支援システムJROIS(Joint-Research On-line Integrated System)」の導入に伴い、申請方法が従来のPDFによる申請書の提出から電子申請に移行しました。申請にあたってはJROISより新規利用者登録を行い、登録したID、パスワードにてログイン後、申請画面より申請情報を入力して提出してください。

共同利用・共同研究高度化支援システム JROIS 準備中
電子申請のながれ ⬅ 申請~採択~実施報告書提出までのながれ
申請情報登録の手引き ⬅ JROISにて課題申請する際の補助資料です。本手引きを参照の上、電子申請してください。
2020年度募集要項

電子申請締切:2019年12月9日(月)日本時間23:59(締切厳守)

研究代表者の所属機関変更時に必要な書類
 採択後、研究代表者の所属機関の変更があった場合は、新しい所属長からの承諾書を提出して下さい。
 承諾書(共同研究) (Word)
 承諾書(研究会) (Word)


共同研究・研究会終了後の報告について
〜三つの約束〜

1.「共同研究」「研究会」は、終了後30日以内に実施報告書をJROISからオンライン提出していただきます。

2.「謝辞」の記載をお願いしています。

「共同研究」の成果を論文に発表する場合は、「Acknowledgment(謝辞)」「Funding Agency」などに共同研究に基づくものであることを次のように付記していただきます。

記載例:(採択者:Taro Iden, 課題番号:1A2020 の場合)
This work was supported by NIG-JOINT (1A2020) to T.Iden.

2015年度, 2016年度採択の場合:
This work was supported by NIG-JOINT (2015*-A1**, A2**, 又は B**) to T.Iden.
又は、国立遺伝学研究所 NIG-JOINT (2015*-A1**, A2**, 又は B**)
2014年度以前の採択の場合:
This work was supported by NIG-JOINT (2014*-A**, 又は B**)
又は、国立遺伝学研究所 NIG-JOINT (2014*-A**, 又は B**)
( 注意:*西暦は採択年度を記入。**採択一覧に掲載された整理番号を記入)

3.「共同研究」の成果を発表した論文は、別刷り(またはPDF)1部を遺伝研に提出していただきます。


NIG-JOINTの成果

2018

資料

年度別採択課題一覧

年度別募集要項一覧


  • Twitter
  • facebook
  • youtube