「遺伝研メソッド」科学英語プレゼンテーションの出前研修

「遺伝研メソッド」は、遺伝研で開発された「英語」と「科学的思考」の両方を強化するための教育プログラムです。科学者としての経験から気づいたコツや、目にしがちな間違いや失敗などを材料にしており、科学者目線で作られたプログラムとして大変好評をいただいています。


この度、他大学・他研究機関向けに短期出前研修を始めることにしました。「遺伝研メソッド」のノウハウをそのままに、選りすぐりの内容を、遺伝研の英語ネイティブ講師タジ・ゴルマンが指導します。


日本人学生、留学生、ポスドク、教員など、様々な研究レベル、英語レベルの方々に適した内容となっています。


12〜16時間の研修を標準としますが、ご要望に対応いたします。
当該研修は「学術指導の委託事業」として実施します。
必要な費用については、連絡先までご相談ください。

遺伝研メソッドで学ぶ科学英語プレゼンテーション


連絡先:
平田 たつみ(国立遺伝学研究所 脳機能研究部門)
tathirat@nig.ac.jp

参考資料

・「遺伝研メソッドで学ぶ科学英語プレゼンテーション
  感じる力、考える力、討論する力を育てる」
  dZERO 本書紹介ページ


「遺伝研メソッド」出前研修のご案内資料


  • Twitter
  • facebook
  • youtube