所長挨拶

HANAOKA, Fumio

20世紀の半ばに、遺伝子の本体はDNAであること、そしてDNAは二重らせん構造をしていることが明らかにされ、遺伝学は古典的な生物学の一分野から、物理学や化学も包含する自然科学全体の基礎となる学問にまで発展しました。さらには遺伝子組換え動植物、ヒトゲノム解読、そしてゲノム編集と急速な技術の進展・応用に伴い、遺伝学は人文・社会科学分野へも多大な影響を与える研究領域へと変貌を遂げつつあります。

国立遺伝学研究所は遺伝学に関する学理の総合および応用の基礎的研究とその指導・促進を図ることを目的として、1949年に文部省の研究所として設立されました。その歴史はまさに生命科学の爆発的な発展と重なり、分子進化の中立説、mRNAのキャップ構造の発見、DNA複製オリジンの同定など、数々の優れた研究業績を挙げてきました。また1984年には大学共同利用機関に改組され、遺伝学のナショナルセンターとして学術コミュニティー全体の研究を促進する役割を担いつつ、1988年には大学共同利用機関を母体とする総合研究大学院大学の設置にともなって、生命科学研究科遺伝学専攻を担当して、独自の大学院教育を行うようになりました。さらに当研究所は2004年に大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構の一員として法人化され、国立情報学研究所、国立極地研究所、統計数理研究所とともに「情報」と「システム」という視点から、人類の将来的な課題にも取り組んでおります。

現在、遺伝研では約500人の様々な職種の人たちが遺伝学の先端的研究、遺伝資源の保存と利用、遺伝情報データベースの整備と利用、遺伝学を基盤とした高度な教育と人材育成などに日々励んでおります。研究に関しては、36のグループが大腸菌からイネ、マウス、ヒトに至るまで、分子レベルから生物集団レベルまで、また実験から理論まで、遺伝学に関する幅広い分野で独創的な研究を推進し、世界的にも高く評価されています。研究基盤整備については、DNAデータバンク(DDBJ)、実験生物系統の分与、先端ゲノミクス事業などによって学術コミュニティーに貢献しています。また教育・人材育成では学生数に対する教員数の多さを活かした大学院教育を行うとともに、有望な若手研究者に新しい分野を開拓させるため新分野創造センターを作り、将来を見据えた体制を構築しています。

研究所の果たすべき役割は、当該研究分野を発展させ、その成果を世界中の人々と分かち合い、得られた知識の社会還元を目指して努力することにあると思います。生命科学には無数の謎が残されており、遺伝研はそれらの謎に遺伝学の立場から正面切って挑戦し、世界中の研究者たちと切磋琢磨し、あるいは協力しつつ謎を解き、人類の幸福に貢献していきます。 皆さまの一層のご理解とご支援をお願い申し上げます。


国立遺伝学研究所長 花岡 文雄