多細胞構築研究室・澤研究室

非対称分裂による細胞多様性創出機構

教員



Research Summary

幹細胞など様々な細胞は極性を持ち、非対称に分裂して多種多 様な細胞を作ります。線虫 C. elegans のほとんどの細胞は分裂時 にβカテニンなどを非対称に局在させ、前後方向に分裂し、異な る娘細胞を作ります。βカテニンの非対称な局在はマウスの幹細 胞でも観察されています。この局在は同じ方向性を持っているので、 全ての細胞は前後の方向を知っています。どのように細胞が方向 を知り、非対称に分裂し、娘細胞間で異なる遺伝子を発現して特 異的な運命を獲得するのか研究しています。

非対称分裂前(A)、分裂終期(B)でのβカテニンの非対称な局在。矢頭は細胞の輪郭。(C)表皮幹細胞(水色)の極性方向(矢印)は三種類のWnt分子(CWN-1, CWN-2, EGL-20)によって冗長的に制御されている。

Publications

Sugioka, K., Fielmich, L. E., Mizumoto, K., Bowerman, B., van den Heuvel, S., Kimura, A., and Sawa, H. (2018). Tumor suppressor APC is an attenuator of spindle-pulling forces during C.elegans asymmetric cell division. Proc Natl Acad Sci USA, doi: 10.1073/pnas.1712052115.

Sugioka, K., Mizumoto, K., and Sawa, H. (2011). Wnt regulates spindle asymmetry to generate asymmetric nuclear β-catenin C. elegans. Cell 146, 942-954.

Yamamoto, Y., Takeshita, H., and Sawa, H. (2011). Multiple Wnts redundantly control polarity orientation in Caenorhabditis elegans epithelial stem cells. PLoS Genet 7, e1002308.


  • Twitter
  • facebook
  • youtube