野々村研究室・植物細胞遺伝研究室

植物の生殖細胞発生過程の分子細胞遺伝学

教員




Research Summary

植物の生殖サイクル、特に減数分裂を制御する分子メカニズムについて、主にイネを用いて研究しています。減数分裂は、遺伝情報の安定的伝達に加え、減数分裂組み換えを通じて遺伝的多様性を創出する複雑かつ巧妙な生命現象です。減数分裂を制御する分子機構の解明は、育種効率の向上や野生種の育種利用につながる重要な研究課題です。

また、植物遺伝研究室と共同で野生イネや在来栽培イネ品種などのイネ遺伝資源保存事業に従事し、国内外の研究者に配布しています。現地で失われつつある貴重な遺伝資源が数多く含まれています。

植物のシュート幹細胞を維持するKNOX-BLH転写因子複合体。(A)トウモロコシの芽生え(緑丸は茎頂)。(B)幹細胞を持つ茎頂メリステム(マゼンタ)。(C)KNOX・BLH転写因子の免疫染色。 これらは複合体を形成し、メリステムの幹細胞を未分化な状態に維持する。(D)KNOXの直接の下流遺伝子経路。

Publications

Ono, S., Liu, H., Tsuda, K., Fukai, E., Tanaka, K., Sasaki, T., and Nonomura, K. I. (2018). EAT1 transcription factor, a non-cell-autonomous regulator of pollen production, activates meiotic small RNA biogenesis in rice anther tapetum. PLoS Genet 14, e1007238.


Tsuda, K., Abraham-Juarez, M. J., Maeno, A., Dong, Z., Aromdee, D., Meeley, R., Shiroishi, T., Nonomura, K. I., and Hake, S. (2017). KNOTTED1 cofactors, BLH12 and BLH14, regulate internode patterning and vein anastomosis in maize. Plant Cell 29, 1105-1118.

Liu, H., and Nonomura, K. I. (2016). A wide reprogramming of histone H3 modifications during male meiosis I in rice is dependent on the Argonaute protein MEL1. J Cell Sci 129, 3553-3561.


  • Twitter
  • facebook
  • youtube