仁木研究室・微生物機能研究室

モデル単細胞を使った細胞分裂の遺伝制御メカニズム

教員



Research Summary

大腸菌や酵母は、細胞増殖の基本メカニズムを解明する上で極めて有効なモデル生物です。原核細胞と真核細胞を研究材料に、染色体DNAの折れたたみを司るコンデンシンの機能、光や温度に対する細胞応答、細胞の形が決まる仕組み等の研究を進めています。遺伝学的もしくは細胞生物学的手法を用いて、細胞内で起こる現象を観察しています。特に、酵母と菌糸という2つの生活環を持つジャポニカス分裂酵母は環境刺激に対する細胞応答のモデル細胞として適しています。またDNA組換え技術の宿主として、より優れた大腸菌の開発も担っています。

大腸菌バイオリソース
枯草菌バイオリソース

相同配列を持つDNA断片とベクターDNAの間で効率よく組換え反応が起こり、形質転換するだけでクローニングが可能になる大腸菌宿主 iVEC株を開発。NBRP大腸菌より公開中。大腸菌へのDNAの導入までの形質転換は“One-tube”可能。

Publications

Nozaki S, Niki H. Exonuclease III (XthA) Enforces In Vivo DNA Cloning of Escherichia coli To Create Cohesive Ends. J Bacteriol. 2019 Feb 11;201(5). pii: e00660-18.

Nozaki S, Niki H. Exonuclease III (XthA) Enforces In Vivo DNA Cloning of Escherichia coli To Create Cohesive Ends. J Bacteriol. 2019 Feb 11;201(5). pii: e00660-18.

Nozaki S, Furuya K, Niki H. The Ras1-Cdc42 pathway is involved in hyphal development of Schizosaccharomyces japonicus. FEMS Yeast Res. 2018 Jun 1;18(4).

Yano K, Niki H. Multiple cis-Acting rDNAs Contribute to Nucleoid Separation and Recruit the Bacterial Condensin Smc-ScpAB. Cell Rep. 2017 Oct 31;21(5):1347-1360.


  • Twitter
  • facebook
  • youtube