平田研究室・脳機能研究室

神経発生から眺める脳機能

教員

 

Research Summary

脳は膨大な数の神経細胞が織りなす回路です。遺伝子に記された発生プログラムに従って、神経細胞が生まれ、移動し、軸索を伸長して、標的細胞とシナプス結合を作ります。この配線パターンが、動物の行動や思考といった脳機能の特徴を決めています。経験や学習によって柔軟に変化できる脳ですが、実のところ、いったん作られた配線のほとんどは固定されており、書き換え不能です。当研究室では、発生期につくられる神経回路の配線のルールを理解する事で、脳の頑固な部分に迫りたいと考えています。

誕生日タグづけ法による嗅球投射神経細胞の分類と軸索投射のパターン。タグづけ時期 (TM10.5~17.5) の違いにより、副嗅球(AOB)、僧帽細胞(MC)、房飾細胞(TC)を分類でき(円グラフ)、それらが異なる標的に軸索を投射することが明らかとなった(模式図)。

Selected Publications

Hirata T, Shioi G, Abe T, Kiyonari H, Kato S, Kobayashi K, Mori K, Kawasaki T. A Novel Birthdate-Labeling Method Reveals Segregated Parallel Projections of Mitral and External Tufted Cells in the Main Olfactory System. eNeuro. 2019 Nov 20;6(6). pii: ENEURO.0234-19.2019.

Hatanaka Y, Kawasaki T, Abe T, Shioi G, Kohno T, Hattori M, Sakakibara A, Kawaguchi Y, Hirata T. Semaphorin 6A-Plexin A2/A4 Interactions with Radial Glia Regulate Migration Termination of Superficial Layer Cortical Neurons. iScience. 2019 Nov 22;21:359-374.

Ito F, Matsumoto T, Hirata T. Frequent nonrandom shifts in the temporal sequence of developmental landmark events during teleost evolutionary diversification. Evol Dev. 2019 May;21(3):120-134.

Hirata T, Iwai L. Timing matters: A strategy for neurons to make diverse connections. Neurosci Res. 2019 Jan;138:79-83.


  • Twitter
  • facebook
  • youtube