貝を持つ不思議なタコ、アオイガイの全ゲノム解読に成功
~貝殻の起源と進化について新たな知見~

Press Release



Figure1

Gene Recruitments and Dismissals in the Argonaut Genome Provide Insights into Pelagic Lifestyle Adaptation and Shell-like Eggcase Reacquisition

M. Yoshida, K. Hirota, J. Imoto, M. Okuno, H. Tanaka, R. Kajitani, A. Toyoda, T. Itoh, K. Ikeo, T. Sasaki, D. H E Setiamarga

Genome Biology and Evolution 2022 October 26 DOI:10.1093/gbe/evac140

プレスリリース資料

カイダコの殻は冬になると日本海側の各地に打ち上がることが知られており、ビーチでみられる貝殻のなかでも特に珍重されているものです。この貝殻はタコの仲間が作ったものであることが知られています。今回カイダコ類の1種であるアオイガイの全ゲノム配列を世界で初めて解読しました。

アオイガイのゲノム中にある26,433個の遺伝子の中で、44個の遺伝子が貝殻形成に使われていることがわかりました。さらに、カイダコが底生生活から浮遊生活に移行する過程で起こったゲノム中の遺伝子の変化を見つけることができました。これにより、進化の過程で貝を失ったはずのタコが、どのようにして再び貝殻を作れるようになったのか?という進化上の大きな謎を解明することに一歩近づきました。

この研究は、文部科学省科学研究費助成事業(18K06363, 19K21646 , 22K06340)、先進ゲノム支援事業(PAGS)(16H06279)、Human Frontier Science Program grant(RGP0060/2017)、 旭硝子財団(2016年)、および藤原ナチュナルヒストリー財団(2017年)の助成を受けて実施しました。

本共同研究は、2022年10月26日(水)に英文論文誌Genome Biology and Evolutionにオンライン版が掲載されました。

Figure1

図: 公開ゲノムデータベースArgoBase


  • Twitter
  • facebook
  • youtube