大量遺伝情報研究室の藤澤貴智研究員らがLODチャレンジ Japan 2019の基盤技術部門優秀賞を受賞

大量遺伝情報研究室 藤澤貴智 特任研究員による発表
大量遺伝情報研究室 藤澤貴智 特任研究員による発表

大量遺伝情報研究室 藤澤貴智 特任研究員は、DBCLS 山本泰智 特任准教授らと連名で、データの利活用を目的としたアイデア・アプリケーションを競い合うLinked Open Dataチャレンジ 2019において基盤技術部門優秀賞を受賞しました。受賞作品となった JSON2LD Mapper は、Webアプリケーション等で広く使われているJSON形式からLODを構成するデータ形式の一つであるJSON-LD形式へ変換するツールです。
  
LOD (Linked Open Data)は、世界中のだれもが意味情報を付与したデータを公開することで、インターネット上を一つの知識ベースとして扱うことを可能にすることのできる仕組みです。LODチャレンジは、そのデータ公開や技術開発に関するコンテストであり、受賞した作品は、2017年に受賞したデータ公開を促進するためのアイデアを実現したものです。
 

LODチャレンジ2019
Linked Open Data チャレンジ Japan 2019 受賞作品発表

LODチャレンジ2019は、さまざまな分野でデータ作りやデータの活用にチャレンジされている方々による活動の発表の場を提供するために、新たなデータづくり、データ公開、データ共有の仕掛けやオープンデータ活用のアイディア、アプリケーションなどを「作品」として募集し表彰するものです。


大量遺伝情報研究室
next »

  • Twitter
  • facebook
  • youtube