形質遺伝研究部門 中沢さんが「森島奨励賞」を受賞

中沢さん(右)と所長
中沢さん(右)と所長

 総合研究大学院大学 遺伝学専攻が独自に行っている「森島奨励賞」の選考が、2018年度前期の学位申請者に対して行われ、 形質遺伝研究部門 岩里研究室に所属する中沢信吾さんが受賞しました。

・中沢信吾(形質遺伝研究部門 岩里研究室)
 「Dynamic mechanism of neural circuit refinement in neonatal cortex」

 この研究を ”Research highlights” で公開しています。
 樹状突起が適切な方向に伸びる仕組み
 ―世界初:新生児マウス脳で神経細胞を長期間くり返し観察することに成功―


 授与式が2018年9月11日に行われ、桂専攻長から賞状と研究奨励金が贈られました。


森島奨励賞とは

総研大遺伝学専攻で優秀な研究成果を発表して学位を取得した学生に、その研究内容を称えるとともに今後のさらなる発展を促す目的で贈られます。

遺伝学の先達

 森島啓子名誉教授

next »

  • Twitter
  • facebook
  • youtube