植物遺伝研究室・佐藤研究室

イネ分子遺伝学による植物初期発生機構の解明

教員




Research Summary

穀類モデル植物であるイネを主な実験材料にして、植物初期発生の分子基盤についての研究を進めています。突然変異系統など多様なイネ遺伝資源を活用して、受精後の植物胚における、頂部-基部また背-腹といった軸形成や器官分化の遺伝的制御機構の解明に取り組んでいます。また、イネだけでなくイネ属、イネ科植物を用いた比較ゲノム解析から、発生過程やその制御機構の可塑性の分子基盤とゲノム進化機構の解明を目指しています。イネ遺伝資源事業として、突然変異系統の選抜、野生イネの特性解析などの研究、開発、分譲も行っています。

写真上段:共焦点レーザー蛍光顕微鏡観察によるイネ胚(完熟胚)の中央断面。
写真下段:左から、イネ籾、コメ(左上に胚がある)、茎頂分裂組織のマーカーとなるOSH1タンパクを検出した免疫染色、実験室内で開花したイネの花。

Publications

Suzuki, M., Sato, Y., Wu, S., Kang, BH., and McCartly, DR. (2015). Conserved Functions of the MATE Transporter BIG EMBRYO 1 in Regulation of Lateral Organ Size and Initiation Rate. Plant Cell. 27, 2288-2300.

Ishiwata, A., Ozawa, M., Nagasaki, H., Kato, M., Noda, Y., Yamaguchi, T., Nosaka, M., Shimizu-Sato, S., Nagasaki, A., Maekawa, M., Hirano, HY., and Sato ,Y. (2013). Two WUSCHEL-related homeobox Genes, narrow leaf2 and narrow leaf3, Control Leaf Width in Rice. Plant and Cell Physiology. 54, 779-792.

Nosaka, M., Itoh, J., Nagato, Y., Ono, A., Ishiwata, A., and Sato, Y. (2012). Role of transposon-derived small RNAs in the interplay between genomes and parasitic DNA in rice. PLoS Genet. 8, e1002953.