集団遺伝研究部門・斎藤研究室

ゲノムレベルにおける生物進化

教員

 

Research Summary

生物の進化をゲノムレベルでコンピュータ解析と実験の両面から研究しています。特に現代人の進化とヒトにいたる霊長類と哺乳類の進化に焦点をあてています。研究の興味としては、(1)古代DNA解析をふくめた、さまざまな人類集団、特に日本列島人のゲノム規模データの解析、(2)ヒト科、哺乳類,脊椎動物、植物などにおいて各系統で進化的に保存された非コード領域の解析、(3)ゲノム進化学研究に有用な解析法の開発、などがあります。

チンパンジー(Patr)とヒト(Hosa)におけるRh式血液型遺伝子群の染色体位置。Kitano, Kim, Blancher, and Saitou(2016; Genome Biol. Evol., advance access)より。

Publications

Jinam, T.A., Kanzawa-Kiriyama, H., Inoue, I., Tokunaga, K., Omoto, K., and Saitou, N. (2015). Unique characteristics of the Ainu population in northern Japan. J Hum Genet 60, 565-571.

Jinam, T.A., Kanzawa-Kiriyama, H., and Saitou, N. (2015). Human genetic diversity in the Japanese Archipelago: dual structure and beyond. Genes Genet Syst 90, 147-152.

Osada, N., Hettiarachchi, N., Babarinde, I., Saitou, N., and Blancher, A. (2015). Whole-Genome Sequencing of Six Mauritian Cynomolgus Macaques (Macaca fascicularis) Reveals a Genome-Wide Pattern of Polymorphisms under Extreme Population Bottleneck. Genome Biol Evol 7, 821-830.