集団遺伝研究部門・斎藤研究室

ヒトを中心とした生物のゲノム進化

教員

 

Research Summary

生物のゲノム進化をおもにコンピュータ解析で研究しています。特に現代人の進化とヒトにいたる霊長類と哺乳類の進化に焦点をあてています。研究対象としては(1)古代DNA解析をふくめたさまざまな人類集団、特に日本列島人のゲノム規模データの解析、(2)ヒト科、霊長類、哺乳類,脊椎動物などにおいて各系統で進化的に保存された非コード領域の解析、(3)ゲノム進化学研究に有用な解析法の開発、があります。

デニソワ人ゲノムから現代人への遺伝子移入パターン。Jinam et al.(2017)より。

Selected Publications

Jinam, T. A., Phipps, M. E., Aghakhanian, F., Majumder, P. P., Datar, F., Stoneking, M., Sawai, H., Nishida, N., Tokunaga, K., Kawamura, S., Omoto, K., and Saitou, N. (2017). Discerning the origins of the Negritos, First Sundaland People: deep divergence and archaic admixture. Genome Biol Evol 9, 2013–2022.

Saber, M. M., and Saitou, N. (2017). Silencing effect of Hominoid highly conserved noncoding sequences on embryonic brain development. Genome Biol Evol 9, 2122–2133.

Saitou, N. and Jinam, T. A. (2017). Language diversity of the Japanese Archipelago and its relationship with human DNA diversity. Man in India 95, 205-228.


  • Twitter
  • facebook
  • youtube