生物遺伝資源センター


  • 仁木 宏典
  • センター長(兼)
    バイオリソース事業部長(兼)

  • 川本 祥子
  • データベース事業部長(兼)

生物遺伝資源センターは、バイオリソース事業部とデータベース事業部の2部門で以下の内容の事業を進めています。バイオリソース事業部では、大腸菌/枯草菌、イネ、マウス、ショウジョウバエ、ゼブラフィッシュ、線虫、ヒドラなどの生物種について、生命科学を先導する様々な有用実験生物系統を開発するとともに、野生種系統の解析や情報整備も行い、それらの安定維持と国内外の大学や研究機関への分譲サービスを行っています。またデータベース事業部では、これらのバイオリソースに関する情報を、関連する知識情報とともに下記公開サイトから世界中に発信しています。特に、大腸菌/枯草菌、イネ、ショウジョウバエ、ゼブラフィッシュでは、日本医療研究開発機構(AMED)のナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)に参画し、各生物種の中核またはサブ機関として活動しています。さらにデータベース事業部は、NBRPの情報センターとしての役割も果たしており、国内のバイオリソース関連情報発信の中核として活動しています。

生物遺伝資源センターで提供しているサービスは、遺伝研ホームページのプルダウンメニュー「モデル生物リソース」からアクセスできます。