生命科学プログレスVB (2020年度入学者まで適用)

更新日=2020年 3月30日

科目名称:

生命科学プログレスVB


単位:

2 単位


科目の概要:

主任指導教員とよく議論した上で博士論文の原稿を作成して、プログレス委員会による評価(コメント)を受ける。学生がコメントを踏まえて博士論文の質を高める機会とする。博士論文審査に進める完成度に達していないとプログレス委員会が判断した場合は単位が与えられず、学生は博士論文審査への出願をおこなうことはできない。


授業内容:

主任指導教員とよく議論し、議論の結果が充分に反映された博士論文の原稿を作成して、プログレス委員会に提出する。プログレス委員会は提出された論文を審査し、遺伝学専攻の博士論文審査に進めることができる完成度であるか否かを評価する。不十分と評価された場合は、プログレス委員会から修正、追加実験等について助言を受ける。より良い論文にするために様々な観点からのコメントがあるだろうが、プログレス委員会は、博士論文審査評価基準に合致するために最低限必要な到達点を明確にして、学生はそのために必要な改訂を優先しておこなうこと。遺伝学専攻が定める博士論文提出期限までに論文を十分に改善できた場合は、改訂後の原稿を博士論文審査用の論文として遺伝学専攻に提出する。提出期限までに改訂できなかった場合や、改訂が不十分であるとプログレス委員会が判断した場合には、生命科学プログレスVBは不合格となり、博士論文審査は行われない。


特例として、学生を筆頭著者とする投稿論文(博士論文の内容に関するもの)が既に査読つき学術雑誌に受理されている場合は、その原稿をもって博士論文原稿の代わりに提出することができる。また、受理にむけて改訂中の投稿論文原稿を提出することもできるが、その原稿を生命科学プログレスVBの対象にできるか否かについては、プログレス委員会の判断に委ねられる。(改訂中であることを証明する書類を添付すること。)なお、上記特例により投稿論文原稿を用いて生命科学プログレスVBを修めた者が博士論文審査への出願をする場合には、プログレスVBに提出した原稿とは別にあらためて博士論文を作成して博士論文審査用の論文提出期限までに提出しなければならない。


学習成果・習得する技能や知識:

最終的に遺伝学専攻の博士論文審査評価基準に合致する論文を完成するための準備としておこなう。
遺伝学専攻の博士論文審査評価基準は以下のとおりであり、本科目で提出する論文もこれらの項目について充分に判定できるよう、正確かつ論理的な文章で作成する。
https://www.nig.ac.jp/nig/ja/phd-program/courses-top/degree-criteria

1.遺伝学を根幹とする生命科学の分野の発展に寄与する本質的に新しくかつ高度な研究成果を報告する。

2.研究内容が査読付き学術雑誌にすでに受理されたか、それに相当する内容を含む。


成績評価方法・基準:

提出された論文原稿の完成度が、遺伝学専攻の博士論文審査に進めることができる段階にあるか否かが審査される。不十分な点については追加、修正が要求され、改訂された論文の完成度をもって「A,B,C,D」で判定される。遺伝学専攻が定める博士論文審査用の論文提出期限までに要求された改訂を完了できなかった場合や、専攻に提出された論文が改訂不十分であると判断された場合にはD判定となり、博士論文審査に出願することはできない。その場合は、再度あらためて生命科学プログレスVBを履修することになる。


日程:

専攻の定める博士論文審査用の論文提出期限の1ヶ月前までに、論文原稿を全プログレス委員と主任指導教員にメールで送付する。プログレス委員会は受理から10日以内に論文原稿を査読し、委員の合議による評価と必要な修正点を学生と主任指導教員に連絡する。


関連科目・履修条件:

当学期に博士論文審査への出願をおこなう予定の学生は必ず履修すること。それまでに生命科学プログレスVAを修了しておくこと。博士論文審査への出願を延期する場合は、プログレスVBの履修も延期すること。


担当教員:

各学生のプログレス委員世話人


2021年度入学者より適用のシラバスはこちら

  • Twitter
  • facebook
  • youtube