生命科学プログレスIA

更新日=2017年3月30日

科目名称:

生命科学プログレスIA


単位:

2 単位


科目の概要:

個人面談

入学後3-4ヶ月の時期に行なう。プログレス委員(世話人)との1対1の面談。学生はプレゼンテーション資料を準備して、自分の研究テーマと研究計画について委員に説明する。委員からの質問に答えたり、助言をもらう事で、自分自身の研究についての理解を深める。面談終了後は、評価や助言を記した報告書が委員から届くので、その後の研究生活の参考にする。


学習成果・習得する技能や知識:

研究を開始して間もないことを鑑み、特に以下の2点に着目した助言や指導を受ける。
1. 研究テーマの内容,背景、意義を理解しているかどうか。
2. 研究者として育つために有効な学習活動になっているかどうか。
助言を活かして、研究者としてのより高い技能や知識レベルを達成する。


成績評価方法・基準:

面談や研究遂行の様子などの総合的判断に基づき「A,B,C,D」で成績を判定する。より詳細な評価や取り組むべき課題については、プログレス委員が作成する報告書により、学生本人と主指導教員、および専攻の大学院担当に通知する。


日程:

原則として4月入学者は6~7月の間,10月入学者は12月~1月の間に行う。面談の具体的な日時と詳細については、プログレス委員と学生との話し合いで決定する。


関連科目・履修条件:

D1生は全員履修すること。

入学後1ヶ月以内に、希望するプログレス委員(世話人)1名を選んで、遺伝学専攻の大学院担当に届け出る。プログレス委員(世話人)は、主任指導教員以外の教授または准教授から選択すること。
プログレス委員の選び方


担当教員:

各学生のプログレス委員世話人


  • Twitter
  • facebook
  • youtube