新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のゲノム配列に関する調査研究協力について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は第四波が懸念されており、全国的に厳しい状況が続いています。国立遺伝学研究所は、最先端のゲノム配列読取り技術と情報解析技術を有する研究所として、我が国の生命科学を支えております。COVID-19の拡大に際して、昨年4月に静岡県への協力を申し出るとともに、7月には調査協力に関する契約を締結、さらに8月からはゲノム解読によるSARS-CoV-2変異株の検出を東京都内の病院等と連携して実施してきました。今後も、自治体や公的研究機関からの要請に対して「調査研究」という立場から、ゲノム解読を実施しCOVID-19対策に貢献します。


本調査研究で解読したSARS-CoV-2ゲノム配列は国際塩基配列データベース(INSD)、及びGISAIDを通して公開します。オープンサイエンスの枠組みのもと、国が実施する他の感染症対策事業等にも積極的に協力していきます。


2021年4月7日

国立遺伝学研究所 所長 花岡 文雄

next »

  • Twitter
  • facebook
  • youtube