花岡文雄 国立遺伝学研究所長が就任しました (2018年12月1日)

   HANAOKA, Fumio

国立遺伝学研究所 第10代所長に花岡文雄博士が就任しました。 

花岡文雄博士は、これまで遺伝学の基礎となるDNA複製と修復の研究に邁進され数々の研究業績を挙げられました。

国立遺伝学研究所は花岡文雄博士を所長とする新体制のもと生命科学研究の発展に貢献することを目指します。


所長挨拶ページへ



(略 歴)

昭和48年 東京大学大学院薬学系研究科 博士課程修了

昭和48年 東京大学薬学部 助手(生理化学教室)

昭和55年 東京大学薬学部 助教授(生理化学教室)

平成 元年 理化学研究所 主任研究員(放射線生物学研究室 → 花岡細胞生理学研究室)

平成 7年 大阪大学細胞生体工学センター 教授(細胞構造研究分野)

     理化学研究所中央研究所 招聘主任研究員(兼務:平成18年3月まで)

平成14年 大阪大学大学院生命機能研究科教授(時空生物学講座)

平成19年 学習院大学理学部教授(化学科)

平成21年 学習院大学理学部教授(生命科学科)

平成28年 学習院大学定年退職

平成28年 筑波大学生命領域学際研究センター センター長

平成30年 筑波大学生存ダイナミクス研究センター センター長


  • Twitter
  • facebook
  • youtube