2018/07/03

第9回国際トゲウオ会議[Stickleback2018]を開催:7月3日-7日

2018年7月3日から7月7日にかけて,京都大学吉田キャンパスにて第9回・国際トゲウオ会議 Stickleback2018https://sites.google.com/view/stickleback2018/)を開催します。

本国際会議は、国際ネットワーク形成・MOU推進プロジェクトの一環として、情報・システム研究機構(ROIS)の支援を受けて開催します。他にアメリカ遺伝学会、福井県大野市、京都大学教育研究振興財団の支援を受けています。
 

プレナリー講演会を公開と致しますので、興味のある方は是非お越しください。いずれの講演者も、進化生態学、進化遺伝学、進化発生学の分野で大きな成果を挙げられている方々です。
 

会場: 京都大学吉田キャンパス 北部構内 北部総合教育研究棟 益川ホール

   http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_n.html

 

7/4(水)9:30-10:15

David Kingsley (HHMI and Stanford University School of Medicine)
The arrival of the fittest: sources of molecular variation underlying repeated evolution in vertebrates

7/5(木)9:30-10:15

Dolph Schluter (University of British Columbia)
Fitness maps to a large-effect locus in an experimental stickleback population

7/6(金)9:30-10:15

Andrew Hendry (McGill University)
Eco-evolutionary dynamics

7/7(土)9:30-10:15

Ole Seehausen (Eawag and University of Bern)
The genomic basis of quantum speciation in Lake Victoria cichlids


  • Twitter
  • facebook
  • youtube