遺伝子改変マウスの作製支援を開始(マウス研究支援ユニット)

国立遺伝学研究所 マウス研究支援ユニットは、遺伝子改変マウスの作製支援を開始しました。

詳細および申込: https://shigen.nig.ac.jp/mouse/researchSupportingUnit/

近年の遺伝子編集技術の発達により遺伝子ノックアウトマウスの作製が以前よりも容易になりました。そのことを受けて研究コミュニテイではマウスをモデルとした遺伝子機能解析実験の需要が高まっています。しかし、マウスの作製・維持には遺伝子組換実験が認可された動物実験施設と高度な動物作製技術が依然として必要です。

大学共同利用機関法人 国立遺伝学研究所 マウス研究支援ユニットは、大学等の公的研究機関からの需要に応えるため、遺伝子改変マウスの作成を共同研究の一環として支援します。


  • Twitter
  • facebook
  • youtube