原核生物遺伝研究室・仁木研究室

モデル単細胞を使った細胞分裂の遺伝制御メカニズム

教員




Research Summary

大腸菌や酵母は、細胞増殖の基本メカニズムを解明する上で極めて有効なモデル生物です。これまでに原核細胞と真核細胞を適宜に取り扱い、染色体の折れたたみ、プラスミドDNAが動く仕組み、細胞の形が決まる仕組み等の研究を進めています。遺伝学的もしくは細胞生物学的手法を用いて、細胞内で起こる現象を観察しています。蛍光タンパク質によるDNA やタンパク質のイメージングにより、細胞増殖の過程で新しい現象を発見してきました。特に、このような細胞観察に適したジャポニカス分裂酵母は菌糸増殖と細胞周期のモデル細胞として適しており、酵母から菌糸に転換する遺伝的制御が次々と明らかになってきています。

大腸菌バイオリソース
枯草菌バイオリソース

ジャポニカス分裂酵母の菌糸型細胞。核を緑色蛍光タンパク質で、細胞質を赤色蛍光タンパク質で識別した。

Publications

Niki, H., and Yano, K. (2016). In vitro topological loading of bacterial condensing MukB on DNA, preferentially single-stranded DNA rather than double-stranded DNA. Sci Rep 6, 29469.

Aoki, K., Furuya, K., and Niki, H. (2016). Schizosaccharomyces japonicus: a distinct dimorphic yeast among the fission yeast. CSHL Protocol doi:10.1101/ pdb.top082651.

Monteiro, D.C., Patel, V., Bartlett, C.P., Nozaki, S., Grant, T.D., Gowdy, J.A., Thompson, G.S., Kalverda, A.P., Snell, E.H., Niki, H., Pearson, A.R., and Webb, M.E. (2015). The structure of the PanD/PanZ protein complex reveals negativefeedback regulation of pantothenate biosynthesis by coenzyme A. Chem Biol 22, 492-503.