脳機能研究部門・平田研究室

神経発生から眺める脳機能

教員

 

Research Summary

脳は膨大な数の神経細胞が織りなす回路です。遺伝子に記された発生プログラムに従って、神経細胞が生まれ、移動し、軸索を伸長して、標的細胞と配線されて作られます。この配線パターンが、動物の行動や思考といった脳機能の特徴を決めています。経験や学習によって柔軟に変化できる脳ですが、実のところ、いったん作られた配線のほとんどは固定されており、書き換え不能です。当研究室では、発生期につくられる神経回路の配線のルールを理解する事で、脳の頑固な部分に迫りたいと考えています。

遺伝子型の異なる3匹のマウス胚終脳を腹側からみた写真。左右前端部の嗅球(矢じり)の神経細胞と軸索が青く染まっている。(左)正常脳では、軸索は腹側の脳を避けるように弧を描いて伸びて神経回路を作る。(中・右)軸索ガイド分子遺伝子を欠損したマウス脳では、軸索の伸長パターンが乱れ、異所的回路が作られる。

Publications

Zhu, Y., Matsumoto, T., Nagasawa, T., Mackay, F., and Murakami, F. (2015). Chemokine signaling controls integrity of radial glial scaffold in developing spinal cord and consequential proper position of boundary cap cells. J Neurosci 35, 9211-9224.

Mita, S., de Monasterio-Schrader, P., Fünfschilling, U., Kawasaki, T., Mizuno, H., Iwasato, T., Nave, K.A., Werner, H.B., and Hirata, T. (2015). Transcallosal projections require glycoprotein M6-Dependent neurite growth and guidance. Cereb Cortex 25, 4111-4125.

Suzuki, K., and Hirata, T. (2014). A common developmental plan for neocortical geneexpressing neurons in the pallium of the domestic chicken Gallus gallus domesticus and the Chinese softshell turtle Pelodiscus sinensis. Front Neuroanat 8, 20.