定量メカノバイオロジー研究室 博士研究員募集

国立遺伝学研究所・新分野創造センターの定量メカノバイオロジー研究室では、細胞の機械受容メカニズムを明らかにするプロジェクトを担う博士研究員を募集しています。私たちの研究室は、細胞内オルガネラの力学操作と分子操作技術、in vitro再構成の手法を中心に、真核生物の染色体分配と遺伝子発現が力学的情報によっていかに制御されるかを研究しています。プロジェクトは、自らの研究バックグラウンドを主体に、生物物理、生化学、細胞生物学、分子生物学の幅広い技術と知識を融合した学際的な研究を進めることが期待されます。


応募資格は、関連する分野での博士学位を持つ方、または博士学位の取得が見込まれる方とします。生物物理学、細胞生物学、分子生物学、生化学のいずれかの経験があることを希望しますが、それ以外の分野についても前向きに考慮します。仕事に対する情熱と創造性、既存のラボメンバーとの協調性を持つことも条件に含まれます。給与は研究所の規定に従います。希望者は、1)履歴書、2)これまでの研究内容の概要、3)研究業績リスト、4)2〜3名の推薦者の連絡先、を1つのPDFファイルにまとめて、研究室PIである島本勇太(yuta.shimamoto@nig.ac.jp)までメールで送付してください。書類は、日本語もしくは英語で作成したものを選考対象とします。その他のフォーマットは問いません。


2017年6月末日までに提出された応募書類については全てを選考の対象とし、その後はポストが決まり次第締め切らせていただきます。応募書類は原則として返却しませんのでご承知おきください。不採用者の応募書類は、審査結果の通知後にこちらで責任を持って破棄します。


このポストは研究所の資金にサポートされています。書類選考に通った方には、第二次選考として所内でセミナーをしていただきます。


この募集内容に関する質問は、上記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。



  • Twitter
  • facebook
  • youtube