構造遺伝学研究センター 澤研究室の伊原伸治助教が平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞

構造遺伝学研究センター 澤研究室の伊原伸治助教が平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。

細胞は周囲の組織の影響を受けながら、適切な位置に移動します。基底膜を介した細胞移動は細胞浸潤とも呼ばれ、多細胞体を構築するために必須な現象です。
伊原助教は、その分子機構を明らかにするために生化学的手法をもちいて取り組み、後にin vivo(生体内)での挙動を明らかにするために、モデル生物を用いて研究をおこないました。
一連の研究過程で、伊原助教は細胞浸潤を促進する基質糖タンパク質を同定し、糖鎖による機能改変の分子機構を明らかにしました。
ま たモデル生物 (C. elegans)を用いて解析を行い、細胞の移動方向を決定する基質糖タンパク質の局在化における糖鎖の影響を明らかにするとともに、基底膜を適切に観察 できる実験モデルを構築することで、細胞浸潤時に観察される基底膜の穴の大きさを制御する分子機構を明らかにしました。
現在も細胞浸潤に破綻をきたす変異体や基底膜制御に異常を示す変異体を多数同定して、その解析を行なっています。
このような、生化学手法、遺伝学的手法を用いて、細胞移動や浸潤における分子機構を明らかにした業績及びその発展性が、高く評価されました。

構造遺伝学研究センター 澤研究室

  • Twitter
  • facebook
  • youtube