神経形態研究室 榎本准教授が平成20年度文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞

神経形態研究室 榎本和生准教授が「細胞膜形態を規定する分子・構造基盤の研究」 により、平成20年度文部科学大臣表彰として若手科学者賞を受賞しました。

受賞内容: 私達の体を構成する約60兆個の細胞は、発生の過程において、それぞれの機能に応じて固有の形態を獲得する。このとき各々の 細胞は、その最外郭に位置する細胞膜の形を自在に変化させることにより形態形成を行うが、その基本原理は良く分かっていなかった。この度の研究により、 ショウジョウバエ神経系をモデルとしての形態形 態と、その維持・管理を司る新規分子メカニズムを明らかにした。

神経形態研究室 榎本研究室

  • Twitter
  • facebook
  • youtube