遺伝学の歴史

     
  • HOME
  •  
  • 遺伝学の歴史

 昔から「子は親に似る」ということわざがあるように、親子、兄弟は何となく顔や姿が似ていることは疑う余地がありません。遺伝現象の研究が近代科学として成立したのは、オーストリアの修道院の牧師であったメンデルが重要な遺伝の法則を発見したことからはじまります。

左のメニューより選んでご覧ください。