遺伝学の歴史

トランスポゾン(動く遺伝子)

 遺伝子は染色体上の一定の座位に存在していて、染色体と行動をともにし、染色体の組換えや転座、欠失など染色体の構造的変異によってその座位を変えることがあっても、遺伝子が単独で、染色体から分離したり、他の染色体に移ることは一般的には考えられない。しかしアメリカのカーネギー研究所のMcClintock (1951) が、トウモロコシの種子や植物体に含まれるアントシアニン遺伝子や、胚乳の黄色デンプンの遺伝子などの発現を変化させる制御因子 (control element) が、一つの染色体から他の染色体に移動して、その場所の遺伝子作用を調節することを見いだし、遺伝子が単独で、一つの染色体から他の染色体に移動することがあることがわかった。

  このような遺伝子はトランスポゾン (動く遺伝子) といわれ、1960年代の後半に、大腸菌などの微生物でも発見され、転置因子 (transposable element ; Tn) と呼ばれた。これら原核生物の転置因子は一定の塩基配列をもったDNAで、大腸菌などの正常の染色体の構成成分として1細胞あたり1〜8個存在している。この因子は染色体に組込まれて存在するので挿入配列 (insersion sequence ; IS) とも呼ばれ、分子の両端に16〜38塩基対の反復した塩基配列をもっている。

「基礎遺伝学」(黒田行昭著;近代遺伝学の流れ)裳華房(1995)より転載