遺伝学の歴史

微生物の遺伝学 〜 細菌の形質転換

 染色体上に存在する遺伝子の化学的本体が DNA であることを明らかにした最初の実験は、 1928年 Griffith が肺炎双球菌 (Pneumococus) を使った実験で、遺伝学の歴史の上からも、画期的な業績である。この実験で、遺伝的形質を規定する物質が、細菌細胞の間で伝達されることが初めて明確に示され、細菌の遺伝学の基礎を築いたばかりでなく、その後の分子遺伝学の発展の上でも重要な発見となった。

 肺炎双球菌には菌体表面に莢膜をもち、滑らかなコロニーを形成し、また強い病原性をもつS型と、莢膜を失ってでこぼこのあるコロニーを作り、また病原性を失ったR型のものがある。病原性のあるS型をマウスに注射すると、マウスは肺炎で死ぬが、病原性のないR型の菌を注射してもマウスは死なない。S型の菌を熱処理して殺すと、これを注射してもマウスは死なずに生存する。

   しかし、熱処理をして殺したS型菌と、生きたR型菌を混合してマウスに注射すると、マウスは肺炎にかかって死んだ。このことは熱処理されたS型菌の遺伝物質がR型菌に伝達されて、R型菌がS型菌に変化したことを示すもので、この現象を形質転換 (transformation) という。この遺伝物質がDNAであることは1944年に Avery、MacLeod およびMcCartyによって明らかにされた。

「基礎遺伝学」(黒田行昭著;近代遺伝学の流れ)裳華房(1995)より転載