遺伝学の歴史

メンデルの法則 〜 分離の法則

 この実験で得られた雑種第一代 (F1) どうしを交配すると、雑種第二代 (F2) に表面が滑らかで丸いもの (遺伝子型はAAまたはAa) と、シワが寄って角ばったもの (遺伝子型がaa) とが3:1の比で生じる。このように雑種第一代では現れなかった劣性の形質が雑種第二代で分離して現れる現象を分離の法則 (law of segregation) という。

 これは、F1個体から生殖細胞ができるときに、花粉も胚子もAまたはaの遺伝子が1個ずつもったものが同じ数だけ生じ、それらが互いに受精して生じたF2個体ではAA:Aa:aaが1:2:1の比で生じ、Aaに対して優性なので、表面が滑らかで丸いものと、シワが寄って角ばったものとの比は3:1となるからである。

「基礎遺伝学」(黒田行昭著;近代遺伝学の流れ)裳華房(1995)より転載