遺伝学の歴史

メンデルの法則

 遺伝現象を最初に法則として系統立ててまとめあげ、遺伝学の学問としての基礎を作ったのはMendel(1866)であるが、すでに述べたようにこの法則は1900年になって初めて、3人の独立した研究者によって再発見されたのである。これらの詳細は次の章で述べられるが、ここではそのあらましだけを述べることにする。

 Mendelは修道院の庭にエンドウを植え、その種子の形や子葉、種皮の色、サヤの硬さや色、花の付く位置、茎の高さなど七つの形質を用いて交配実験をし、1866年「植物雑種の研究」という論文にまとめて、チェコスロバキアのブルノ自然科学誌に発表した (図1・2)。

 Mendelの発見した遺伝法則は三つの法則よりなり、(1)優劣の法則 (2)分離の法則 (3)独立の法則である。このMendelの最初の論文は40部の別刷が作成され、その1部が日本にもあり、現在、静岡県三島市にある国立遺伝学研究所に保管されている。

「基礎遺伝学」(黒田行昭著;近代遺伝学の流れ)裳華房(1995)より転載