遺伝学の殿堂

A. Weismann ヴァイスマン (1834-1914) 

http://en.wikipedia.org/wiki/August_Weismann

生殖系列の連続説、ネオ・ダーウィニズムなどを提唱した

Maurice Wilkins ウィルキンス (1916-2004)

http://nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/1962/wilkins-bio.html

DNA分子構造の研究

Allan C. Wilson ウィルソン (1934-1991)

http://awcmee.massey.ac.nz/aw.htm

ミトコンドリアDNAを用いたヒト進化の研究など、実験分子進化学で多数の貢献をした

Oswald T. Avery  エイブリー (1877-1955)

http://www.dnaftb.org/dnaftb/concept_17/con17bio.html

マックレオド、マッカーシーとともに、タンパク質ではなくDNAが遺伝子の物質的本体であることを証明した

大野 乾 (おおの すすむ) (1928-2000)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E4%B9%BE

性決定の遺伝学研究、生物進化における遺伝子重複の重要性を指摘

主著『遺伝子重複による進化』(岩波書店、1977;山岸秀夫・梁永弘訳)

岡崎 令治 (おかざき れいじ)(1930-1975)

http://www.nipponnosekaiichi.com/creature_medicine/okazaki-reiji/189.html

DNA合成時に片方の鎖では短いDNAが最初に作られることを発見。後に Okazaki fragmentと呼ばれる

Severo Ochoa オチョア (1905-1993)

http://nobelprize.org/nobel_prizes/medicine/laureates/1959/ochoa-bio.html

生化学、分子遺伝学で多数の貢献をした