遺伝学電子博物館のトップへ
マルチメディア資料館のトップへ
国立遺伝学研究所のトップへ

転写とRNAポリメラーゼ トップへ
RNAポリメラーゼとは?へ
転写の流れとRNAポリメラーゼの働きへ
RNAポリメラーゼの立体構造へ
顕微鏡による直接観察へ
関連情報へ
用語集へ

マルチメディア資料館 サイトマップへ

(C)2002 National Institute of Genetics  All rights reserved.Created by META Corporation Japan

RNAポリメラーゼとは?

生命現象の中でタンパク質は重要な働きをしています。

タンパク質の設計図は遺伝子DNAに存在します。遺伝子DNAに書かれたタンパク質の情報はいったんmRNA(メッセンジャーRNA)に転写された後に、リボソームによってアミノ酸へと翻訳されタンパク質ができます。ここでDNAからmRNAへの転写を行うのがRNAポリメラーゼです。

RNAポリメラーゼは遺伝子DNAを鋳型に、RNAの素となる4つのヌクレオシド(A:アデノシン, U:ウリジン, G:グアノシン, C:シチジン)を重合しmRNAを合成します。

RNAポリメラーゼとは? 画像


マルチメディア資料館トップページ
国立遺伝学研究所トップページ