文部科学省科学研究費補助金「新学術領域研究」 シリア・中心体系による生体情報フローの制御

NEWS & TOPICS一覧はこちらへ

2015年3月2~4日(月~水)
第15回国際細胞膜研究フォーラム (iCeMS・京都大学)が本新学術研究領域と共催で開催されます。
2014年7月17~18日(木~金) 第三回領域会議 倉敷
本新学術研究領域に参加しているメンバーが集まり、二日間にわたり第三回領域会議が倉敷シーサイドホテル(倉敷・岡山)にて開催されました。海に面した会場でリラックスした雰囲気のもと、各研究の進行状況に関して発表、議論が行われました。今回は、学生、ポスドク含め若手研究者の参加、発表も多く、深夜まで多岐に渡り活発な議論が行われました。
2013年11月28~29日(木~金) 第二回領域会議 名古屋
本新学術研究領域に参加している班員、研究協力者等が集まり、第二回班会議が二日間にわたり名古屋ルブラ王山(名古屋)にて開催されました。各研究の計画、公表前の最先端の研究結果に関する発表、議論が集中的に行われました。各々の研究内容、進展に関して増々理解が深まり、現在進行中のものも含めて多数の共同研究が領域内で発足しました。
2013年8月12日(月)
本領域班会議を名古屋ルブラ王山で11月28日(木)午後から11月29日(金)に開催いたします。
2013年8月12日(月)
本領域の稲垣昌樹 計画班員が大会長を務めた第65回日本細胞生物学会大会(2013年6月19~21日、名古屋)において、シリア・中心体系に関連する下記シンポジウムが本領域班員の企画/オーガナイズにより開催されました。
理研CDBシンポジウムに引き続き、国内の関連分野研究者が集結し、海外からの著名研究者も含めて活発な発表・議論が行われ盛況のうちに終了しました。(詳細はシンポジウム・セミナーをご覧下さい。)
2013年8月12日(月)
国際シンポジウム “Cilia and Centrosomes: from Fertilization to Cancer” が6月17日18日に開催されました。

(詳細はシンポジウム・セミナーをご覧下さい。)