中心体生物学研究部門 ・北川研究室       Welcome to the KITAGAWA Lab・Centrosome Biology

       国立遺伝学研究所 分子遺伝研究系 中心体生物学研究部門

                   National Institute of Genetics

 
 

News:


  1. 現在、大学院生(総研大博士課程、他大学院からの受け入れも可)、博士研究員(ポスドク)も募集中です。興味がある方は北川までご連絡ください。(H29.4.27)

We are now seeking for a highly-motivated post-doc and Ph.D. student. If you are interested in joining our team, please contact

dkitagaw@nig.ac.jp

H29. 4.27)


  1. 土屋裕樹君(D5) 遺伝研で学位取得者の中から選ばれ、森島賞受賞。 Congrats, Yuki! (H29.3.15)



  1. 土屋裕樹君(D5)の論文が英科学誌 NATURE COMMUNICATIONSにアクセプトされました! 中心小体が微小管形成中心として機能するために必須の新規因子、進化的に保存された分子機構を解明しました。 Congrats, Yuki! (H28.8.7)



  1. 松浦利絵子研究員の論文が米科学誌 Molecular Biology of the Cell に受理されました!! 線虫卵母細胞における中心体動態の解析を網羅的に行いました。Congrats, Rieko! (H28.2.1)


  1. BMB2015でAkshari Guptaさん(D4)が若手優秀発表賞を受賞しました。 Congrats, Akshari ! (H28.2.1)


  1. 太田緑研究員が日本細胞生物学会において若手優秀発表賞を受賞しました。 Congrats, Midori ! (H27.7.1)


  1. 今年度から当研究室の所属が新分野創造センターから分子遺伝研究系に移行しました。(H27.4.1)


  1. 白土玄研究員の論文が欧州科学誌 EMBO Journalに受理されました!! 中心体様構造体のde novo合成による新しい染色体不安定化機構を提示しました。Congrats, Gen! (H26.10.9)


  1. 太田緑研究員の論文が英科学誌 NATURE COMMUNICATIONSに掲載されました!!中心小体複製のコアメカニズム解明に大きな布石を打ちました。 Congrats, Midori! (H26.10.27)


  1. 中心体研究者が3年に1度集う国際学会(Centrosomes and Spindle pole bodies 2014 in Lisbon)に参加し、講演及びポスター発表を行いました。(H26.9.30~10.3)



























 

About us:


国立遺伝学研究所 新分野創造センターにて2011年2月からスタートした新しい研究室です。「中心体」が名前に入った日本で初めての研究室であり、中心体がどのように複製されるのか?進化上、我々はどのようにして中心体獲得したのか?に迫る研究を展開しています。ヒト培養細胞、線虫初期胚をモデルとして細胞生物学、生化学、遺伝学、生物物理学、構造生物学、シミュレーション等の多彩な手法を用いて研究しています。また、明らかにしてきた知見を元に、中心体-微小管形成中心をターゲットにした次世代型抗がん剤の開発も進めています。

何故、中心体?」と思う人もいるかもしれませんが、中心体は極小の細胞小器官ながら、細胞の分裂・分化・機能の司令塔として働いており、細胞がん化、遺伝病、不妊症などの疾病とも深く関与しています。世界的に見ると爆発的な進展を見せている研究分野であり、30代の若いスタッフによって日本発のオリジナリティの高い研究成果を発信できるように日々努力しています。

Our laboratory is located at the National Institute of Genetics (NIG) in Japan and also a part of Department of Life Science, SOKENDAI.

We are interested in how the centrosome duplicates once per cell cycle and also its evolutional origin.

To this end, we are currently using the combination of innovative and multi-disciplinary approaches including Cell biology, Biochemistry, Genetics, Biophysics and Structural biology.

We are mainly utilizing human cell culture and C. elegans embryos as model systems.

生物学に残された謎、中心体の自己複製機構と進化的起源の解明

Centrosome Duplication, Function and its Origin

Copyright(C) Centrosome Biology Lab-Kitagawa Lab. All rights reserved


http://www.nig.ac.jp/