遺伝研のさくら

なぜ遺伝研にさくらがあるの?

竹中 要 博士

遺伝研の桜は、1950年頃植物遺伝学者の竹中要博士が、研究と品種保存を目的に桜を収集・植樹したことに由来します。博士の10年以上にわたる研究の結果、ソメイヨシノの起源が明らかになりました。当時の遺伝学は主に交配と観察によって行われていたため長い年月が必要だったのです。
この結論は、コンピューターを使用したゲノム分析技術によって遺伝子レベルでも正しいことが証明されています。遺伝研には現在桜の研究者はいませんが、研究者の情熱が遺伝研の桜となって、私たちを楽しませてくれています。

写真付き解説書「遺伝研のさくら」(全面改定版)

写真付き解説書「遺伝研のさくら」(全面改定版)

当日は写真付き解説書「遺伝研のさくら」(全面改定版) 財団法人 遺伝学普及会/編 を頒布致します。

遺伝研構内に生育している桜樹木について、正門からの位置の順番に、写真と説明文を掲載しています。また、それぞれの樹木には新たに位置番号を付けましたので、開花時には、この冊子をその番号に照らし合わせて遺伝研の桜を観賞することができます。

財団法人 遺伝学普及会