国立遺伝学研究所 公開講演会2019

お知らせ

2019年09月11日 ポスタープレゼンを行う研究室のリストを公開しました。
2019年09月09日 講演者の准教授 久保 郁のインタビューを公開しました。

講演者の教授 齋藤 都暁のインタビューを公開しました。
2019年09月03日 公開講演会のHPを公開しました。

イベント概要

国立遺伝学研究所(遺伝研)で行われている最先端の生命科学研究について、研究者がわかりやすく講演します。 講演者の他にも、遺伝研の多数の研究者が来場して、研究成果をパネルでご紹介します。研究者と直接対話できる絶好の機会です。 また、大学院進学をお考えの方には、大学院(総合研究大学院大学・遺伝学専攻)について詳しくご紹介します。

日時 2019年11月16日(土) 12:30~16:00(12:00開場)
会場 一橋講堂 学術総合センター2F(東京メトロ 神保町駅または竹橋駅より徒歩4分) 会場
住所 〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
対象 広く一般の方、大学院進学をお考えの方
参加費 無料

プログラム

12:30

ごあいさつ

 所長 花岡 文雄

12:35

講演1 透明な魚で『見る』脳のはたらき

 准教授 久保 郁 (システム神経科学研究室)

13:20

講演2 RNAの生体機能〜DNAじゃない方の話〜

 教授 齋藤 都暁(無脊椎動物遺伝研究室)

14:05

大学院の紹介

 総研大遺伝学専攻 山下 永香(進化遺伝研究室)

14:30

ポスター展示者によるフラッシュトーク

15:00

ポスタープレゼン1

15:30

ポスタープレゼン2(大学院を目指す方向け)

16:00

終了

※撮影について:当日は記録のために撮影をいたします。撮影した画像・動画は、広報活動の一環として
ウェブサイト等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

講演内容

准教授 久保 郁

私たちは、五感を通して様々な刺激を受け取り、それらに対して適切に反応します。
これを可能にしているのが脳のはたらきです。脳はたくさんの神経細胞が集まってできており、それらが互いにつながることにより、神経回路を作っています。本講演では、透明な脳をもつゼブラフィッシュという魚を使って、脳の神経回路のはたらきに迫る研究についてご紹介します。

教授 齋藤 都暁

生命の設計図として働くデオキシリボ核酸(DNA)は、その重要性が広く認知されるようになってきました。ただその一方で、リボ核酸(RNA)というものの存在はご存知でしょうか?RNAは生命の設計図にも、酵素にも成り得るスーパースター分子です。本講演では日頃耳にすることが少ないRNAにスポットをあて、DNAじゃない方の核酸の世界を紹介します。

大学院のご案内

遺伝研(総合研究大学院大学 遺伝学専攻)での学生生活について大学院生 山下永香(進化遺伝研究室)がご紹介します。

講演者によるフラッシュトーク

この後に行われるポスター展示の内容を各研究者が1分ほどで説明します。面白そうだな、と思った研究をチェックしてください。

パネル展示

パネル展示 会場の様子_01

パネル展示 会場の様子_02

ポスタープレゼン1

研究室ごとの研究成果をポスターでご紹介します。会場に集結した研究者と直接対話できるチャンスです。

ポスタープレゼン2(大学院を目指す方むけ)

上記に加え、大学院の紹介ポスターもあります。大学院進学をお考えの方、気軽にどんどん質問してください。

※撮影について:当日は記録のために撮影をいたします。撮影した画像・動画は、広報活動の一環として
ウェブサイト等に掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

参加登録

ぜひ、事前申し込みをお願いいたします。
参加をご希望の方は登録フォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。
登録締切: 11/13(水)12:00(当日参加も可能です)

登録フォームはこちら

お問い合わせ

大学共同利用機関法人 情報 ・システム研究機構 国立遺伝学研究所

住所 〒411-8540 静岡県三島市谷田1111
TEL(広報) 055-981-5873
E-Mail event@nig.ac.jp

pagetop

  • お知らせ
  • イベント概要
  • プログラム
  • 講演内容
  • 大学院の紹介
  • フラッシュトーク
  • パネル展示
  • 参加登録
  • お問い合わせ

公開講演会2019 フライヤー