集団遺伝研究部門・斎藤研究室

ヒトを中心とした生物のゲノム進化

教員

 

Research Summary

生物のゲノム進化をおもにコンピュータ解析で研究しています。特に現代人の進化とヒトにいたる霊長類と哺乳類の進化に焦点をあてています。研究対象としては(1)古代DNA解析をふくめたさまざまな人類集団、特に日本列島人のゲノム規模データの解析、(2)ヒト科、霊長類、哺乳類,脊椎動物などにおいて各系統で進化的に保存された非コード領域の解析、(3)ゲノム進化学研究に有用な解析法の開発、があります。

ヒト科(ヒト、チンパンジー、ゴリラ、オランウータン)でのみ同一である非コード配列とその周辺の配列保存率。Saber et al.(2016)より。

Publications

Kanzawa-Kiriyama, H., Kryukov, K., Jinam, T.A., Hosomichi, K., Saso, A., Suwa, G., Ueda, S., Yoneda, M., Tajima, A., Shinoda, K., Inoue I., and Saitou, N. (2017). A partial nuclear genome of the Jomons who lived 3000 years ago in Fukushima, Japan. J Hum Genet 62, 213-221.

Saber, M.M., Babarinde, I.A., Hettiarachchi, N., and Saitou, N. (2016). Emergence and evolution of Hominidae-specific coding and noncoding genomic sequences. Genome Biol Evol 8, 2076-2092.

Babarinde, I.A., and Saitou, N. (2016). Genomic locations of conserved noncoding sequences and their proximal protein-coding genes in mammalian expression dynamics. Mol Biol Evol 33, 1807-1817.