DDBJセンター

DDBJ Center


DDBJ(DNA Data Bank of Japan)は1987年に設立され学術論文や特許公報等を通じて公知にされる塩基配列データをすべて網羅し、世界の公共財として維持管理する国際学術事業を行っています。

この事業は、米国のNCBIおよび欧州のENA/EBIとの3者の協力体制で行われており、3者の間では受付後公開されるデータは毎日交換され、世界共通のデータベース『INSD国際塩基配列データベース』がつくられます。

またDDBJ事業は所外委員会であるDNAデータ研究利用委員会に加えてNCBI,EBI,DDBJがそれぞれ委嘱する外部委員会である国際諮問委員会によって監督されています(パネルA)。

2009年からいわゆる次世代シークエンサからの出力データを収集するSequence Read Archiveと従来のシークエンサからの出力データを収集するTrace ArchiveもINSDCのメンバーに加わりました。

DDBJの日々の事業は、受付査定・データ交換・データ更新・データ提供の4つの柱からなり教員の指導下で10数名ずつのエンジニアとアノテーターを中心に行われています。DDBJ へは毎年3000 〜4000 の研究グループがデータ登録し、件数では全INSDの10%強を占めています(パネルB)。

また日本・米国・欧州の特許庁の協力による特許配列の公開事業でも集積交換公開に国際塩基配列データベースが利用されており、日本に加えて韓国特許庁由来のデータも韓国バイオインフォマティック研究所(KOBIC)の協力でDDBJに登録されます。

DDBJへ登録する研究者は国内の研究者が中心ですが、アジア諸国や中近東の研究者も含まれます。

また、2013年より科学技術振興機構(JST)と共同でヒトに関する研究データ共有のための制限公開データ用データベース(JGA)の運用を開始しています。