生物遺伝資源情報研究室・安達研究室

逆遺伝学による線虫遺伝子制御システムの解析

教員

 

Research Summary

線虫Caenorhabditis elegansは、多細胞動物で最初にゲノム配列が決定され、発現遺伝子が網羅された生物です。遺伝子配列より遺伝子機能を探る逆遺伝学に必須である、遺伝子発現細胞の検出や遺伝子改変体の作製も容易に行えます。こうした特徴を生かして、遺伝子制御システムの解明を目指しています。遺伝子発現の転写後調節因子であるmicroRNAを研究対象に、機能解析に役立つ新規方法を開発し、発現調節を受ける標的遺伝子の特定と、その調節がもたらす生理機能の解析を進めています。

(A) 開発したwhole-mount in situ hybridization法による全発生時期を通じたmir-1 miRNA発現パターン。(B) mir-1遺伝子プロモーターによるGFP発現パターン。これらの一致は、mir-1 miRNAが転写後生合成過程での発現調節を受けないことを示す。

Publications

Andachi, Y., and Kohara, Y. (2016). A whole-mount in situ hybridization method for microRNA detection in Caenorhabditis elegans. RNA 22, 1099-1106.

Hamashima, K., Mori, M., Andachi, Y., Tomita, M., Kohara, Y., and Kanai, A. (2015). Analysis of genetic code ambiguity arising from nematode-specific misacylated tRNAs. PLoS One 10, e0116981.

Andachi, Y. (2008). A novel biochemical method to identify target genes of individual microRNAs: identification of a new Caenorhabditis elegans let-7 target. RNA 14, 2440-2451.